使い方

工事写真帳とは

●メニュー画面にある「工事写真帳」は、撮影した写真が保存される場所です。撮影した写真は、黒板に書き込んだ内容を元に工事名、工種名のフォルダが自動作成され、該当するフォルダ内に写真が保存されます。フォルダ内の写真は黒板の測点または日付の順番で自動で並びます。フォルダによる仕分けと写真の並び順が自動で行われるので、これまで撮影した写真の整理に要していた時間をほぼなくすことができます。自動写真整理機能は有料です(3,800円/月または42,800円/365日)。

● フォルダ内に並んだ写真は、公共工事提出書類用のアルバムに合わせて有効写真3枚で1ページ分にまとめられています。写真の移動、削除、不使用を行った場合も自動的に有効な写真が3枚まとまるようになっています。ページの中に余白を作りたい場合は「余白の挿入」を行なってください。

● 工事写真帳の中で並び替え編集ができますので、必要に応じて編集後アルバム印刷ボタンを押すと、写真の印刷ができます。スマホからの印刷になりますのでWi-Fi接続に対応したプリンタで印刷する形となります。Wi-Fi接続に対応したプリンタの一覧はこちらからご確認ください。(スマホからの印刷機能は有料)

工事写真帳内の写真をパソコンにダウンロードしたい時は、iPhoneをパソコンにつないでiTunes経由でダウンロードできます。iTunesでダウンロードする際には工事名、工種名のフォルダが維持されたままで写真をダウンロードできます。(iTunes経由でのダウンロードは写真の順番は維持されません。写真の順番を維持してファイル名連番で写真をダウンロードしたい場合はウェブブラウザからダウンロードしてください。)
【ダウンロードの仕方】
①iPhone(またはiPad、iPod touch)を付属のUSBケーブルでパソコンとつなぐ。
②パソコンからiTunesを立ち上げる。
③iTunes上に自分のiPhoneを示すアイコンが表示されるのでクリックしてください。 クリックした画面のメニュー項目の「App」ボタンをクリックしてください。
④次の画面で「ファイル共有」という項目があり、その中に「工事写真」があるのでクリックすると右側の枠に工事名のフォルダが表示されます。ダウンロードしたいフォルダをクリックし右下の「保存先」ボタンを押して自分のパソコンの中の保存したい場所を選んで保存してください。

● 設定画面で「情報変更時バックアップサーバーに反映」をONにした状態で「工事写真帳」内の写真の並び替え、黒板内容の変更、写真の不使用などにした場合、バックアップサーバーにその変更内容が反映されます。
写真の削除に関しては、工事写真帳内の写真を削除してもバックアップサーバー内の写真は削除されないので、バックアップ保存済の写真は工事写真帳から削除して、スマホ内の保存容量を増やすことができます。
注意点として、バックアップサーバーで他の人が写真整理した状態で、工事写真帳を編集するとせっかく整理した内容が全て工事写真帳の内容に上書き変更されてしまうので注意してください。
工事写真帳内で編集して、アルバム印刷する場合でなければ、写真の編集は「バックアップサーバー」で編集するか設定で「情報変更時バックアップサーバーに反映」をOFFにすることをおすすめします。

< 使い方トップにもどる